求人に応募する時は

気になるバイト先や会社の求人に応募する時のマナーとして、守らなければならないのは身だしなみと言葉遣いです。電話などで問い合わせをした時から、面接は始まっていると思って行動しましょう。意外と、電話での問い合わせの時には丁寧に話せていたのに、いざ面接になると言葉遣いが崩れやすいのが学生の特徴と言えます。
問い合わせの後、面接の日程が決まったらいざ求人への応募になります。履歴書を準備することになりますが、文字が丁寧に書かれているか、書類自体が綺麗に保管されて持ち込まれたのかも重要な採用への判断基準になります。特に、履歴書に貼る証明写真は制服のある学生なら制服で写し、私服の場合は襟付きの服を着て撮るのがマナーです。
制服がある場合は面接も制服で受ける方が無難です。私服の印象が悪いと不採用になることもあるので、学校のイメージをうまく活用しましょう。私服の場合は証明写真を撮った時の服装を参考に、学生らしいさわやかなイメージを踏襲出来るような服装を選んで面接へ臨むといいですね。バイトの求人に応募する時から、後々の就活の勉強をしていることを自覚しましょう。
どんなバイト先の求人でも、応募があれば人材の担当者が面接を行うのが通例です。身だしなみや言葉遣いは本番の印象を決定づけるものです。急がず、焦らずゆっくり話すことが出来れば、落ち着いた印象を持ってもらえます。つま先や膝にも意識し、足を開いた状態で面接を受けるのはやめましょう。
これらのことに注意していれば、採用の可能性はグッと上がるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です