求人で入社試験の有無を確認

求人の応募要項に特別な記載がない場合、面接のみで採用の可否が決まると思いがちですよね。でも、突然筆記試験用の用紙が出て来たら驚きませんか。そういったことがまったくないとは言い切れず、持って行った筆記用具がボールペンのみでさらに焦った、という経験のある方もいるかもしれません。応募の際に、確認しておくと焦らずに済みます。
いま、ペーパー式の適性や一般常識問題を試験として採用している企業も多く、それが応募のネックになっていることもあります。簡単な問題とはいえ、解けなかったらどうしようと考えると積極的にその求人に応募しようとは思えなくなります。ハローワークに通っている間に、ずっと採用が決まらず残っている企業はそう言った事情で人材が集まらない場合も考えられています。
若い世代ならまだ試験に馴染みがありますが、中年の世代にはすでに馴染みがなくなっているため、時事問題だったとしても抵抗があるようです。とは言え、それをクリアしなければならないという記載が求人票にあるなら、受けるしかありません。避けて通れない道は仕事を始めてからもいくつかあるはずなので、最初の関門だと思って頑張りましょう。
中小企業では一般的な入社試験よりも問題が軽い場合もありますし、大手の企業では長時間を割いてそれに取り組む企業もあります。求人を選ぶ会社によりけりですが、それほど大きくない会社でも問題を用意している場合もありますので、ハローワークなどで仲介をしてもらう場合は面接以外の何があるのかを確認しておくといいですね。作文を採用している会社も少なからずまだあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です